第23回ハイロン建設合資会社、第18代G6建機合資会社、第2代太陽グループ合資会社の株主総会

02 年 07 月 2022 日午前、太陽ビルのホール 1 階で、太陽グループおよびそのメンバー会社は、第 23 回海龍建設株式会社、第 18 回 G6 建設機械株式会社、およびその株主総会を厳粛に開催しました。第二の太陽グループ合同会社。

2021年から2022年初頭にかけて、新型コロナウイルスの感染拡大が複雑化し、ベトナム全体、特に世界の経済情勢に大きな影響を与えましたが、太陽グループとそのメンバーは、生産と事業活動において引き続き良好な結果を達成しました。

Hai Long Construction, G18 Construction Equipmentの総取締役会で、太陽グループは、2021年の生産実績、6年上半期の事業状況、2022年の配当金支払いの発表と2021年の資金を株主に報告しました。 .

2021年、新型コロナウイルス感染症の複雑な展開により経済が依然として深刻な影響を受けている時期でさえ、グループの取締役会は、流行が安定した直後の観光産業が力強い復活を遂げることについて、非常に賢明な予測と判断を下しました。 こうした状況を踏まえ、当社グループの取締役会は、太陽グループの事業分野を発展させるためのイノベーション戦略とともに、27 年 05 月 2021 日に太陽観光株式会社(Taiyo Tourist)を設立しました。 ベトナムのダナン市に投資し、02のホテルを建設し、太陽ツーリスト本社を設立することを決定しました。 ファム ティエン ハイ ロン氏 - 太陽観光株式会社の取締役は、太陽ツーリストの運営と投資状況に関する会議全体に報告しました。

今後数年間のグループの開発計画と方向性に関して、太陽グループは各メンバー企業の強みを最大限に活用します: Hai Long Construction: コンサルティング、設計、建設に重点を置き、産業プロジェクトの組み立て、鉄骨構造の製造。 建設機械 G18: 足場と建設機械のリースに注力。 TaiyoTourist: 観光の開拓とホテルへの投資に焦点を当てています。 TaiyoGroup: オフィスや施設の開発とリースを継続。

太陽グループは、生産・事業活動の発展と並行して、太陽グループの10の文化を築いてきました。 グループおよびそのメンバー企業の従業員一人ひとりが、常に積極的に学び、自らを向上させようと努力し、常にグループの文化を指針として、すべての態度と行動を調整します。

株主総会の様子

会議の写真 共同株主

ファム・ティエン・ズン氏 – Hai Long Constructionのゼネラルディレクターが会議で話しました

Doan Duy Cuong 氏 – G18 Construction Equipment Joint Stock Companyのゼネラルディレクターは、会議でオンラインで報告しました

ファム・ティエン・ハイ・ロン氏 – 太陽観光株式会社の取締役が会見で発言

ファム・アン・ティエン氏 – 会見で語る太陽グループ会長

株主総会の様子

株主総会の様子

株主総会の様子

株主総会の様子

株主総会の様子

関連ニュース
Chinese (Simplified)EnglishJapaneseKoreanThaiVietnamese